鍵の種類と防犯性、特徴とは

現時点では、家の入り口の防犯を心配しており、「さまざまな種類の鍵を知りたい!」などの質問や犯罪防止について知りたいのですが、「メカニズムと
キーとロック!

あなたが来ると思います。

今回は、セキュリティとメカニズム、タイプと利便性の違いを紹介したいと思います。

気にしないで試してみてください。

タブレットとキーは異なるものです

実際にあなたはロックとキーの間に全く違いがないことを知っていますか?

セキュリティの程度は、ロックとキーによって変化します。

ロックは、それを家の金庫または入口に直接取り付け、重要なものを保管するための装置です。

それは固定されているので、キーとは異なり、持ち運びが少なくなります。

キーの1つは、取り付けされているロックのロックを開いたり閉じたりすることです。

有名なキーの種類としてギザギザのタイプがありますが、最近のカードタイプも多くのくぼみを持つものがあります。

ロックといえば!

クラシックシリンダーロック

さまざまな種類のキーがあります。

どのような種類のロックやキーがあるのか​​、どのような種類のキーが開くのかを紹介します。

ディスクシリンダーロック

ディスクシリンダロックは、ディスクの形状に類似した形状を有するキーの一種であり、タンブラーの内側をキーで正しい位置に合わせることによって開閉することができる。

それは一種の鍵である非常に標準的なディスクタブレットですが、ピッキングには非常に弱く、防犯についてもいくつか心配しています

ピンタンブラーロック

ピンタンブラーロックはタブが不揃いで、キーをロックすることによって持ち上げピンをロックして持ち上げます。

ディスクシリンダー錠よりも防犯上若干強くはありますが、絶対に壊れているわけではないので心配です。

ディンプルシリンダー錠

ディンプルシリンダーロックは、ピンタンブラーロックに非常に似たロックです。

しかし、それはピンタンブラー錠よりも強いピッキングと先進的な製作のために一時的に非常に人気が高まった錠剤です。

1つの重要な特徴は、鍵を作成することは非常に困難であり、他の鍵よりも少し価値があることです。

マグネットタンブラーシリンダー錠

マグネットタンブラーシリンダーロックは、今まで紹介されたロックの代わりに、磁気力と反発力を使ってキーにマグネットを埋め込む錠剤です。

それはピッキングに非常に強く、普通のものを選んでもほとんど開くことはありません。

しかし、このような磁気タンブラーシリンダ錠には欠点がある。

多くの種類のキーを作ることはできません。磁石がキーから落ちることがあります。磁性が弱くなったら開閉できません。

近代的かつ高度なセキュリティー防止!

電子ハイテクロック

近年、被害者への被害や鍵の喪失が増えていますが、犯罪防止の高いハイテク電子ロックを導入します。

カードロック

カードロックは、一般的にホテルにあるカードで開閉できるロックの一種です。

内部機構はピンシリンダー錠の機構と同様であるが、磁気タンブラーシリンダー錠のような機構がある。

カードロックはピッキングなどには強いが、キーを複製するか、自動キーロックタイプのロックを使用すると閉鎖することができる可能性があるという欠点である。

カードの種類はキーの周りを運ぶためにかさばりませんが、一方で簡単に失うのは難しい点です。

ピンロック

ピンコードロックは、事務所や重要なものを保管する部屋によく見られ、決定された番号で入力することで解放できるように構成されています。

近年、防犯対策として家庭にますます繋がってきており、持ち歩かずに鍵を紛失する心配はありません。

しかし、それはこれまでのキーの種類に比べてまだ価値があります。

バイオメトリック認証ロック

生体認証錠は、指紋で開けることができる錠の一種で、鍵を持たずに自分の指で開けることができます。

手がゴミや買い物手荷物でいっぱいになっても、鍵を見つける必要はなく、紛失やセキュリティ面から解放することができます。

「指紋は認証されていません」、「指紋認証は指を傷つけることでできません」などの心配がありますが、キーと人物は2人まであります。

スマートキー

スマートキーは、スマートフォンなどで管理され、アプリケーションとともに取り付けされ、開閉ボタンを押して遠隔操作またはロックすることができるロックである。

車のキーでよく見られるリモコンキーは、スマートキーとも呼ばれます。

手荷物が少なくてかさばりにくいという特徴があります。

スマートフォンなどで管理されているタイプのロックは非常に便利ですが、充電が切れたときにスマートフォン自体を失うのは難しく、鍵を開くことはできません。

スマートなキーの種類も大変便利ですが、ほとんどのスマートキーは電池で動作していますので、電池が切れたときを除いて電池をチェックしないと心配です。

請負業者にキーの建設を依頼することも推奨されます

私はこれまでに様々なキータイプを導入してきました。

DIYのように自分で交換するのもいいですが、煩わしく、取り付けが緩んでいます。電子ロックなどを使用しているときに分かりやすいです。わかりません。取り付けするキーが玄関ドアには合いませんし、障害もあります。
放棄など。

それはDIYの欠点です。

業者に依頼することによって、業者に間違いなく、時間と労力をかけずに、安全かつ確実に取り付けするよう依頼できるというメリットがあります。

まとめ

私は様々な種類のキーを紹介しましたが、種類が多いので問題があります。

セキュリティ面や価格など、多くのことを考えなければならないことはたくさんありますが、重要な点何かメリットデメリットについて考えていますか?

「自分で取り付けるのは難しい……」「挑戦したいけど少し怖い」業者に請負業者に依頼することを考えているのであれば、業者にそれを依頼するのはいかがですか?

関連記事

ページの先頭へ